「ボヘミアン・ラプソディ」続編に向け話し合い

3/13 11:42
「ボヘミアン・ラプソディ」続編に向け話し合い
「ボヘミアン・ラプソディ」の続編が製作される可能性があるようだ。

「輝ける日々」や「ショウ・マスト・ゴー・オン」「インビジブル・マン」など、クイーンのMVに携わったルディ・ドレザルによると、アカデミー賞の4部門を制したことで、同バンドのマネージャーであるジム・ビーチと続編に向けて話し合っているという。

ドレザルはニューヨーク・ポスト紙に、ビーチのアイデアについてこうコメントしている。

「彼はライヴ・エイドから続編を始めようと考えています」

「ボヘミアン・ラプソディ」では、バンドメンバーにHIVであることを告げ、仲間と和解したフレディ・マーキュリーが1985年に開催されたライヴ・エイドのステージで熱唱するところで物語は終わっていた。

また、今年度のアカデミー賞では、1991年にエイズによる気管支肺炎により45歳の若さで死去したフレディ役を演じたラミ・マレックが主演男優賞を受賞したほか、編集賞や録音賞、音響編集賞を獲得している。
コメント
ニュースを読んだ感想を教えてね

久美子さん
出た〜(笑)

絶対続編の話出ると思った(笑)


あれで終わりのままで良いのに。
>>全てのコメントをみる

関連ニュース(映画)

緒方恵美が「シン・エヴァンゲリオン」音声収録報告
TDR35周年祝う“史上最大の祭典”映像の一部解禁
「トイ・ストーリー4」の最新映像解禁
上ヘ   トップ

ハッピーメール
ハッピーランド
ハッピーWiki
お問い合わせ
Copyright(C) 2010